やってはいけない?塩を使った除草対策と手軽な除草方法とは?|代表・スタッフのブログ詳しくはこちら!

0567268367

STAFF BLOG

スタッフブログ

2021/10/14

やってはいけない?塩を使った除草対策と手軽な除草方法とは?
やってはいけない?塩を使った除草対策と手軽な除草方法とは? 写真

こんにちは!RYOKUSUIのスタッフです!

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋。「〇〇な秋」にはいろいろなものがありますよね?

私はもっぱら「食欲の秋!」!(^^)!

みなさんは、どんな秋にしていきたいですか?

さて今日お話していく内容は、雑草対策についてです。

雑草対策には、塩を使う!なんてテレビで見たことはありませんか?

実はリスクやデメリットがあるためやってはいけない除草方法のひとつなんです!

今日は、塩を使った雑草対策のデメリットや塩以外でもできる簡単な方法をいくつかご紹介していきます。

正しい方法で庭に生えた雑草を駆除してきれいなお庭を取り戻していきましょう。

目次

・塩で除草できるのは本当か?

・その他の大きなリスク

・どうしても塩で除草したい!そんな方に

・その他に身近なものを使った除草方法

・まとめ

塩で除草できるのは本当か?

塩を使っての除草は、実際にあります!

身近にあり安く手に入りやすいため、すぐにでも使いたい!という方もいるかもしれません。

しかし、塩を使った除草は土にダメージを与えてしまいます。

ですので、塩を使った除草は出来る限り行わないようにしましょう。

塩分が雑草の水分を奪う

海の近くは”塩害”によって植物が枯れてしまうことがあります。

その塩害を自分で起こして雑草を枯らすのが、塩を使った除草方法になります。

塩に含まれる塩化ナトリウムは、雑草から水分を奪っててしまい雑草が枯れてしまうのです。

地中に残り続けてしまう

除草のために塩をまくと、その塩は分解されることなく土に残り続けます。塩による除草効果は長期間に続くことでしょう。

ですが、雑草を防ぐためだけなら問題ありませんが、そのほかに植物も育たなくなってしまいます。

そのため、除草してから家庭菜園をしたいと考えている方には塩による除草はしない方がいいでしょう。

その他の大きなリスク

周辺地域への被害

自宅のお庭で塩を使って除草した場合、塩分が近隣のお庭や周辺の畑に流れてしまう可能性はあります。

塩により作物が育たなくなった場合、農家であれば収入に影響を及ぼすこともあるでしょう。

また大切に育てているお花など枯らしてしまう原因にも…。

除草で使った塩が近隣に流出したことによる被害と分かればトラブルにつながることもあるでしょう。

周囲にお家や畑がないという方でも、地下水や河川に影響が出ることも。

塀やフェンスで仕切られていても地面はつながっています。

自宅の除草対策に使った塩が広い範囲に影響する可能性も考えなくてはいけません。

住宅、インフラへの影響

塩によるダメージは植物に限った話ではありません。

家の外壁や鉄筋コンクリートを侵食して劣化させたり、電線の腐食や車のサビを発生させる原因にもなります。

そのため家の基礎がボロボロになっていたということもあるでしょう。

また被害を受けるのは自宅だけではありません。流出した塩が近隣の家屋にダメージを与えることもあります。

多くの人が利用している水道管などの配管が被害を受けると周辺一帯に迷惑をかけることもあるでしょう。

とても身近にある調味料だからといって使用してしまうと思いもよらない悪影響が出てしまうため注意しておきましょう。

どうしても塩で除草したい!そんな方に

ここまで紹介したさまざまなデメリットを理解した上で、それでも塩を使った除草を検討している場合は手順に注意しなければなりません。

①海水塩を使う

除草に使う塩は「海水塩」を選ぶようにしましょう。

水に溶けやすい海水塩であれば土の中にとどまる期間が比較的短く、建物や植物への塩害が発生しにくいからです。

それに加えて海水塩に含まれているミネラル分が、植物にプラスになることも期待できます。

②手順

塩で除草するときは、塩をまくだけでOK!

ただ雑草が大きく育っている場合は、雑草を抜いてからまくとよいでしょう。

何度か繰り返し行うことで、雑草が生えてこない状態になるはずです。

また天気にも注意しておきましょう。

海水塩をまいてすぐに雨で流れてしまっては効果が薄くなってしまうため晴れの日が続くタイミングを見計らって行いましょう!

③活性剤を使用しよう

除草のために塩をまいた後は「活性剤」を使用しましょう。

塩をまいた後そのままでは、雨で塩分が自然と流れていくまで土の中に残り続けます。

しかし活性剤を使用することで、塩に含まれる成分を植物が肥料として利用できるようになります。

万が一、塩が作物など大切に育てている植物にかかってしまった場合、活性剤で塩を洗い流してしてください。

その他に身近なものを使った除草方法

塩を使った除草方法はオススメできるものではありませんが、出来る限り身近なものを使って雑草を駆除できたら便利ですよね?

ここからは、ご家庭にある”塩”以外でできる除草方法についてご紹介していきます。除草剤を使いたくない方にもオススメなのでぜひ参考にしてみてください!

熱湯を使う

まずひとつめは”お湯”を使った除草方法です。

小さめの雑草であれば簡単に枯れてしまいます。

しかし除草効果が発揮されるのはお湯がかかった部分のみ。

そのため葉にお湯をかけても根っこはまだ生きていてすぐに再生することもあります。

お湯を使って除草する場合は、地中まで熱湯が行くようにたっぷりと使いましょう。

また熱湯を使用すると熱により地中の細菌や微生物まで死滅してしまうこともあります。

土壌のバランスを変化させないように、コンクリートの隙間から生えてきた雑草などピンポイントの除草に向いています。

重曹を使う

掃除や洗濯に便利な重曹でも除草ができます。

ニオイや人体への影響もないため安心して使えるもののひとつです。

粉末のまま使用するのではなく、水に溶かした重曹水にして使用することがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お庭に生えた雑草対策としていくつかの方法をご紹介してきました。

テレビなどで紹介されていた塩による除草。

確かに効果としては、長期間続きますが土壌バランスや家の基礎、周辺環境にまで悪影響が出るためオススメは出来ません。

簡単に用意できるものとしてお湯や重曹による除草方法があります。

こちらの方が土やお家、周辺にも優しい除草対策のため除草にお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか。

その他にお庭や外構・エクステリアでお悩みの方はぜひRYOKUSUIにご相談ください!

────────────────────────────────────────────
▼RYOKUSUIの施工事例をもっと見たい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/case


▼RYOKUSUIのガーデンルームをもっと見たい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/works_gardenroom

▼RYOKUSUIのオープンガーデン展示場に行きたい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/company#anchor02

緑翠造園は、愛知県愛西市にある地元密着の、外構・エクステリアのプロショップです。

外構・エクステリア・ガーデンルーム・ウッドデッキなどお庭まわりのことは何でもお任せください!

  • 無料相談会実施中!展示場へお気軽にお越しください。
  • 無料現地調査実施中!より正確なお見積りがご提出できます!
  • 無料相談会実施中!展示場へお気軽にお越しください。
  • 無料現地調査実施中!より正確なお見積りがご提出できます!

ホームページを見てお電話したのですが・・とお気軽にお電話ください

お見積り依頼はこちら

「ホームページを見て、お電話したのですが・・・」とお気軽にお電話ください。

「ホームページを見て、お電話したのですが・・・」とお気軽にお電話ください。

0567-26-8367

メールでのお問い合わせ

お見積り依頼はこちら

メッセージ

緑翠造園は、愛知県愛西市にある地元密着の、外構・エクステリアのプロショップです。

外構・エクステリア・ガーデンルーム・ウッドデッキなどお庭まわりのことは何でもお任せください!

新築に伴うお庭のご提案はもちろんのこと、長年親しんできたお庭のリフォームも承っております。

お客様の元へ訪問、現地調査も行っています。もちろんご相談は無料対応なのでご安心ください!

私たち緑翠造園は、ただお客様のご要望だけを叶えるのではなく、ご要望+αのご提案で更にご満足いただけるようなお庭づくりをプロデュース致します。

地域の皆様に愛され続けて40年。

これからもお客様のご要望を汲み取り、好みに合わせた上で、緑翠造園からもワンランク上のご提案が提供出来るよう心がけて取り組みます。

株式会社緑翠造園土木 代表写真