メリット・デメリットから見る憧れのウッドデッキ|代表・スタッフのブログ詳しくはこちら!

0567268367

STAFF BLOG

スタッフブログ

2020/10/01

メリット・デメリットから見る憧れのウッドデッキ
メリット・デメリットから見る憧れのウッドデッキ 写真

こんにちは!RYOKUSUIのスタッフです。

夏の暑さが通りすぎ、過ごしやすい季節になってきました。

家族やお友達とキャンプやピクニックをしたり、旅行に行ったり… 去年までは出来ていたことが、中々し辛い世の中となってしまいました。

そんな今だからこそ、お家時間をより楽しむことが出来るウッドデッキについてご紹介したいと思います。

数年前から需要が高まってきているウッドデッキ。

アウトドアブームもあり、憧れを抱くご夫婦が増えてきています。

新築完成見学会に行くと、ウッドデッキが設置されているお家も多いのではないでしょうか。

でも、実際のところ他に用途があるのか?メンテナンスは?

などの疑問を、メリットとデメリットを踏まえた上で解決していきたいなと思います。

▼目次

・ウッドデッキとは

・ウッドデッキのメリット

・ウッドデッキのデメリット

・注意点

・まとめ

ウッドデッキとは

ウッドデッキとはテラスの一種であり、地面より高く設置された木製のテラスのことを言います。

耐候性や防蟻性、耐菌性、耐腐朽性などに優れた天然木が主に用いられてますが、最近は耐久性等を高めるために、樹脂などを注入した特殊加工木材(エンジニアリングウッド等)を用いたものなども登場しています。

テラスに繋がる屋内の床面とほぼ同じ高さで作られることが多いため、リビングから外に繋がるアウトドアリビングとして楽しむご家庭が増えてきました。

和風建築で言えば、「縁側」や「濡れ縁」と同じような役割と言えます。

あきらかな違いと言えば、広さでしょうか。

縁側はどちらかといえば腰かける為のものといったイメージです。

最近では和モダンなテイストも人気なので、洋風な縁側をウッドデッキ替わりにするお家もあります。

ウッドデッキのメリット

リビングを広く感じる事が出来る

ウッドデッキはリビングから繋がって作られることが一般的なため、

リビングからウッドデッキを眺めた際に、実際の面積よりも広く感じられます。

洗濯物が干せる

ベランダ代わりに、洗濯物を干すことができます。

庇や雨除けの屋根があるとなお良いでしょう。

BBQや遊び場として使える

お家で気軽にアウトドア気分が味わえます。

ウッドデッキでBBQをしたり、ハンモックを置いてお昼寝なども夢がありますよね。

足が汚れない第二のリビングとして、お子様やペットの遊び場としても使用することが出来ます。

ウッドデッキのデメリット

コストがかかる

当たり前ですが、費用が掛かります。

安価な無垢材を使えば費用は抑えられますが、その分耐久性がないために、日常的なお手入れが必要になります。

無垢材を使用する場合、極力耐久性に優れた素材を使用しますが、直射日光や雨にさらされるので、経年劣化というものは必ずあります。

必ず定期的なメンテナンスも必要です。

そのまま放っておくと傷んで腐食してしまい、怪我に繋がる恐れもあります。

外からの目が気になる

隣接したお家からウッドデッキが見える場合や、道路に面している場合など、

少し外からの目線が気になることがあります。

ウッドデッキを設置する際は、外からの目線を十分に気を付け、向きなどを良く考えて設置しましょう。

注意点

ウッドデッキの注意点としては先ほど挙げたメンテナンスを定期的にしっかりと行うことです。

砂ぼこりを落としたり、水拭きなどのお手入れはこまめにしましょう。

ささくれやトゲが発生してきたら、危ないですので、ヤスリや電動サンダーで削ることも必要です。

そして1~2年に一度は、通気性があり撥水効果もあるオイルステインなどで保護塗装を行う必要があります。

腐食を遅らせるためです。

保護塗装する前には雑巾などで拭き、しっかりほこりなどを落としてから塗りましょう。

こういった手間を省く為、人工的な木材を使うこともあります。

人工木材は腐りにも強く、退色もほぼないので、塗装の必要はありません。

汚れが目立つ場合、水にも強いため、デッキブラシでゴシゴシと洗うことが可能です。

無垢材の味わいよりも手間を省きたい方にはオススメです!

また、ウッドデッキの下はコンクリートで固めてしまうことをオススメします!

隙間から落ちるゴミを掃除しやすく、雑草が生えてこないため、お手入れが楽になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ウッドデッキはお家をオシャレに見せてくれるだけでなく、様々なメリットがあります!

メンテナンスは必要ですが、経年劣化もまた味わいのひとつです。

ウッドデッキのある暮らしはメンテナンスの大変さを差し引いても魅力が満載。

あなただけのオリジナルなウッドデッキをRYOKUSUIが叶えてみせます!!

────────────────────────────────────────────
▼RYOKUSUIの施工事例をもっと見たい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/case


▼RYOKUSUIのガーデンルームをもっと見たい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/works_gardenroom

▼RYOKUSUIのオープンガーデン展示場に行きたい方はコチラ
https://www.ex-ryokusui.co.jp/company#anchor02

緑翠造園は、愛知県愛西市にある地元密着の、外構・エクステリアのプロショップです。

外構・エクステリア・ガーデンルーム・ウッドデッキなどお庭まわりのことは何でもお任せください!

メッセージ

緑翠造園は、愛知県愛西市にある地元密着の、外構・エクステリアのプロショップです。

外構・エクステリア・ガーデンルーム・ウッドデッキなどお庭まわりのことは何でもお任せください!

新築に伴うお庭のご提案はもちろんのこと、長年親しんできたお庭のリフォームも承っております。

お客様の元へ訪問、現地調査も行っています。もちろんご相談は無料対応なのでご安心ください!

私たち緑翠造園は、ただお客様のご要望だけを叶えるのではなく、ご要望+αのご提案で更にご満足いただけるようなお庭づくりをプロデュース致します。

地域の皆様に愛され続けて40年。

これからもお客様のご要望を汲み取り、好みに合わせた上で、緑翠造園からもワンランク上のご提案が提供出来るよう心がけて取り組みます。

株式会社緑翠造園土木 代表写真